睡眠時無呼吸症候群の影響

不規則ないびきのパターンが夜中中繰り返される

睡眠時無呼吸症候群の人の多くは、眠っているときに、ただならぬいびきをかきます。周囲の人が耐えられないほどの激しいいびきで、息苦しそうにあえいでいたり、ときどきいびきがやんだかと思うと突如、爆発的な音とともにいびきが再開します。時々叫びだしてしまう人もいます。

そうした不規則ないびきのパターンが一晩中繰り返されるのです。いびきがやんでいる時間は、通常20秒から30秒くらい。恐ろしいことに、その間は上気通が閉塞して呼吸が停止しているのです。いわば窒息状態にあるわけですから、再び呼吸が始まるときに、激しくもがくような動きとともに、大きく空気を吸い込もうとします。それが爆発的ないびきの音につながるのです。

呼吸停止は、ときには2、3分から5分近く続く人もいます。それでもほとんどの場合、眠っている本人は自分が無呼吸を起こしていることに気づきません。いつしよに寝ている家族などに指摘されて病院を訪れるケースが大半を占めます。

日常生活だけでなく社会生活にまで影響がおよぶ

睡眠時無呼吸症候群の人は一晩中、こうした無呼吸の状態をくり返し引き起こしているわけですから、当然、眠りの質は最悪、朝、目覚めたときにも疲労が残っています。起床した時点でだるく倦怠感がでしんどい状態になります。

そしてまず間違いなく昼間の居眠りを自覚しています。食後に眠気を催して、ついうとうとしてしまうことは誰にでもあることですが、そんななまやさしい眠気ではなく、重要な会議の最中に突然眠り込んだり、極端な場合、電話中に眠り込んだりもします。お坊さんでお経を上げている途中で眠ってしまうとか、学校の先生で、授業中に椅子に座った途端に眠ってしまうというケースなども報告されています。

とくに問題になっているのは車の運転中に居眠りをしてしまうケースです。信号待ちや渋滞時に眠りこんでしまつたり、居眠りが原因で事故にまで発展することも珍しくありません。長距離トラックのドライバーが居眠りのために起こす事故の何割かは、この睡眠時無呼吸症候群が関係しているとも考えられているのです。

1993年にアメリカの議会と保健省に提出された報告書によると、スリーマイル島の原発事故や、アラスカ沖のタンカー座礁事故、スペースシャトル「チャレンジャー」の事故も、背景には睡眠時無呼吸症候群が関連しているというのです。

睡眠時無呼吸症候群は、健康に害を及ぼすだけでなく、こうした社会的問題をもはらんでいるのです。この病気は過剰な眠気をもたらすだけでなく、日常の知的活動能力にも大きく影響を与えます。睡眠中に酸素が十分に脳へ行き渡っていないので、集中力や記憶力は低下し、行動力も鈍化、作業能力は落ちてきます。

また注意力や判断力もにぶくなってきます。ですから、鉄道やバスの運転など多数の人命にかかわる職業につく人は、睡眠時無呼吸症候群の検査を受けることが必要ではないかという意見も出されているほどです。

子どもの場合は、学校の成績が下がったり、発達の遅れがみられるようになります。多動(注意散漫で、落ち着きがなく衝動的な行動が顕著にみられること) をともなう行動異常もしばしば観察されており、症状が進行すると頻繁に夜尿をくり返すようにもなります。

性格までもが変わるという報告もある

慢性化した睡眠時無呼吸症候群の人の場合は、異常な眠気のために仕事に支障をきたすようになります。精神面に及ぼす影響も大きく、不安が増大し、神経過敏になり、二次性抑うつを招いたりします。

睡眠時無呼吸症候群にかかると性格も変化するという報告があります。ものごとを綿密に考えられなくなり、こつこつと積み上げていく種類の仕事や、細かな仕事が面倒くさくたいまん感じるようになるのです。

怠慢、無責任といった傾向や、協調性が失われて独りよがりな傾向が強くなる、といわれています。そのほか性的機能障害も睡眠時無呼吸症候群の症状の1つで、性欲や勃起能力の低下もみられます。こうしたことから、アメリカでは睡眠時無呼吸症候群が原因で離婚する夫婦も増えているといいます。

通常の社会生活を維持することが困難となれば、たしかに離婚に発展してもいたしかたないかもしれません。これもまた睡眠時無呼吸症候群がもたらす社会問題の1つといえるでしょう。

いびきは病気?

日本人の場合、いびきを習慣的にかいている人は男性で21% 、女性で6% を占めるというデータがあります。つまり、男性は5人に1人の割合で毎日いびきをかいていることになります。
はたしてそのいびきは、心配のないいびきでしょうか、それとも治療を必要とするいびきなのでしょうか。たとえ睡眠時無呼吸症候群などの問題を抱えていなくても、いびきは「騒音問題」をはらんでいることは周知のとおりです。
そして周囲が迷惑し、それを本人が気にかけていて、社会生活を営む上で何らかの支障をきたしているならば、いびきは治療の対象となります。「たかがいびき」と思われてとりあってくれないのでは?などと考えず、まずは専門医に相談してみてください。

これまでは、「単なるいびき」の治療に関しては、学会などでもあまり取り上げられなかつたのは事実です。しかし専門医はいま、こうした「単なるいびき」もまた、ある意味では病気としてとらえるようになってきています。

それは次のような理由からです。

いびきをかくということ自体が、すやすやと寝息を立てて眠っている人に比べると、程度の差こそあれ、上気道が狭窄していることを意味します。
ということは、いますぐに体に悪影響はなくても、将来的に健康の障害となる可能性は否定できないのです。

こんな調査があります。40歳から69歳までの男女を対象にいびきについて調査したところ、毎日いびきをかく人は、まったくいびきをかかない人に比べて高血圧の頻度は男性で1.9倍、女性で3.2倍多くなるというのです。
また、狭心症は男性で2.2倍も多くなっています。あなたのいびきは大丈夫ですか?

いびき音の分類

いびきの音が高いか低いかも、重要なポイントになります。専門的にいうと、いびきは大きく「振動型いびき」と「狭窄型いびき」に分類されます。

いびきの音が低ければ「振動型のいびき」、高い音であれば「狭窄型のいびき」といえます。「振動型いびき」は軟口蓋などが振動の原因になっているもので、

いびきをかく人のほとんどはこの振動型に当てはまります。振動型いびきの音は、基本周波数が150ヘルツ以下と低いのが特徴です。

「狭窄型いびき」は、舌根沈下や口蓋扁桃肥大などによって狭まったた気道を空気が無理に通過しょうとして起こるものです。
こちらのほうは、いびきの音がかなり高くなります(基本周波数400~500ヘルツ)

上咽頭

咽頭扁桃(アデノイド)の肥大による狭窄いびき

子どもによくみられるいびきです。口蓋扁桃が肥大して起こる狭窄いびきと合併して起こることがよくあります。起きているときの呼吸でも、咽頭扁桃が肥大しているために上咽頭のすき間はきわめて狭くなっています。そのすき間を空気がむりやり通るために狭窄音が起こります。呼気時には狭窄はなくなります。

中咽頭

軟口蓋が振動して起こるいびき

大人では最もふつうにみられるいびきです。このいびきをかく人は、後口蓋垂(のどちんこ)が長く、後口蓋弓の幅が広くなっているのが特徴です。
吸気にともなって軟口蓋と咽頭側壁が気道の中央へ引き寄せられて軟口蓋が振動し、いびきが起こりはじめます。

口蓋扁桃の肥大による狭窄いびき

吸気とともに両側の口蓋扁桃が気道中央に引き寄せられて、空気がここを通過する際に狭窄音が起こります。呼気のときは、狭窄が解除されるのでいびきは起こりません。このタイプで口蓋垂が長い人の場合、両側の扁桃の間に口蓋垂がはまりこんで閉塞性の無呼吸が起こることがあります。

舌根の沈下による狭窄いびき

舌が肥厚している人や下あごが小さい人にみられるいびきのタイプです。睡眠中、吸気のときに舌根部が吸い込まれ、気道が狭窄していびきが起こります。
呼気のときは舌根が押し上げられるためいびきは起こりません。このタイプの人で、症状が著しい場合は、閉塞性無呼吸を起こすので注意が必要です。そのほか、喉頭部にある喉頭蓋や披裂部、声帯の振動が原因となって起こるいびきもまれながらあります。いびきが実にさまざまな部位によって起こることに驚かれた方もいるのではありませんか。たかがいびきといえども、奥はずっと深いのです。

危ないいびきの兆候

いびきは自覚症状がないので厄介だといいましたが、いびきで悩んでいる人はまず自分がどんないびきをかいているかを知っておくことが大切です。
家族から話を聞いたり、一人暮らしの人なら自分のいびきをテープに録音してみるのもいいでしょう。いびきの音は、危険ないびきかどうかを判断する重要な情報源なのです。もしあなたのいびきが次のようであれば、注意を要します。

大いびきや聞きづらいいびき

いままでいびきをかかなかった人が急にいびきをかくようになったり、いびきのかきかた(音) が変わったたりした場合は、体が変調をきたしていることを意味します。

子どもで大いびきをかく

小学生以下の子どもが習慣的にいびきをかく場合、体のどこかに病気があることが多いものです。考えられるのは、アデノイドや口蓋扁桃肥大、鼻炎がいびきの原因ではないかということ。
鼻をたらす、口をぽかんと開けている、歯並びが悪い、鼻づまり、聞こえが悪い、偏食、夜尿癖があるなどは、いずれもいびきの原因と関係が深いとされています。

呼暇速度の早い、せわしいいぴき

眠っているときの呼吸回数は、呼気と吸気を1セットとして、大人で1分間に15回くらいが平均です。子どもの平均は20~25回です。
これを越えるようなせわしない呼吸は、上気道に何らかの障害があることが考えられます。こうした呼吸速度の早さをともなったいびきは、朝、目覚めたときに非常に疲労感が残ります。

往復いびき

いびきが往復で起きるのか、呼気時・吸気時に起きるのかを聞き分けることは大切なポイントです。一般にいびきは吸気時に起きることが多く、往復のいびきの場合は、なにかの疾患をともなつていることが考えられるので注意が必要です。

音がときどき止まるいびき

ついさっきまで大いびきをかいていたかと思うと突然やみ、しばらくして急に爆発するような大きな音でいびきが再開します。いびきがやんでいるあいだは呼吸が止まっており、典型的な睡眠時無呼吸症候群の場合のいびきの典型的なパターンです。

いびきの要因

いびきをかきやすい人

ここまでは「いびきをあなどってはいけません、いびきは体が発している警告なのです」という話をしてきました。しかし「自分のいびきに注意しなさい」といっても、自分がいびきをかいているのかどうか、また、どんないびきをかいているかは、人から指摘されない限りわかりません。
この「自覚症状がない」ということが、いびきの厄介なところです。一般に、いびきをかきやすいといわれている人のタイプがあります。まずその外観的な特徴があります。

太っている人や首が太く短い人

太っている人は首も太く、一見、空気の通りがよさそうに思われがちです。けれども太ぜいにくっつている人は上気道の内側、軟口蓋や咽頭壁などにも贅肉がついているため、気道が狭ふさまっているのです。
舌も肥厚してのどを塞いでいるようなケースも多く見られます。にもかかわらず太っている人ほど、体は多くの酸素を必要とするので、たくさん空気を吸い込もうとします。すると気道抵抗が大きくなりますから、いびきをかきやすくなります。
肥満が原因で大いびきをかく人の場合、ダイエットをすることによっていびきはかなり改善されます。

下あごが後退している、下あごが小さい人

舌にはそれを支える大きな柱がないため、仰向けに寝ると落ち込んでしまい、それが気道を狭くさせてしまいます。下あごが小さく、また後退している人は、舌を支えているスぜつこんちんかペースも小さいために舌根沈下が起こりやすくなります。また下あごが小さい人は、歯並びやかみ合わせが悪いことが多いので、そういう人もいびきをかきやすいタイプと思ってください。

鼻筋が広くだんご鼻の人、鼻筋が曲がっている人

呼吸の際の空気の取り入れ口である鼻の通りが悪いと、いびきをかきやすくなります。鼻筋が曲がつている鼻中隔湾曲症の人や、鼻が低くだんご鼻の人などは、鼻腔の部分で強い抵抗が起こり、鼻翼が振動して、いわゆる鼻いびきをかきやすいといえます。とくに鼻中隔湾曲症の人は、鼻づまりによる呼吸障害や喚覚障害を起こしやすいので、耳鼻科などで相談するといいでしょう。

口蓋垂が長い人

のどのかたち(軟口蓋の構造)も、いびきをかきやすいかどうかに大きく関係してきます。軟口蓋は中央部に垂れ下がった口蓋垂(のどちんこ) と左右の前後口蓋弓とで構成されています。口蓋垂が舌につくほど長い人や、左右の口蓋弓の距離が短く咽頭狭窄を起こしている人はいびきをかきやすくなります。

あごを引いた姿勢や手を上げて寝る人

あごを引いた姿勢で眠ると頚部が圧迫されて気道が塞がるため、いびきをかきやすくなります。したがって仰向けで寝る人は、腰の部分がへこんでいる古いベッドマットや、高すぎる枕はよくありません。また、バンザイをするように手を上げて寝るくせのある人も、同じ理由からいびきをかきやすくなります。
いびきを防止するには、横向きの姿勢で寝るとかなり効果的で、これは睡眠時無呼吸症候群の人にも有効です。

口呼吸のクセがある人、口を開けて寝る人

口を閉じているときに比べて開けているときのほうが気道が狭くなるという報告があります。また、睡眠時呼吸障害のある人は、眠っているときに口呼吸をしている割合が高いとも報告されています。風邪を引いて鼻が詰まっているときなどは、誰でも口で呼吸することがありますが、ふだんから口呼吸のクセがある人や、口を開けて眠る習慣のある人は、いびきをかきやすいといえます。

いびきをかきやすいとき

次に、生活スタイルの面から、いびきの要因となるものをあげてみましょう。私たちがいびきをかきやすくなるのは次のような場合です。

体が疲れているときや、ストレスがたまっているとき

睡眠中は体の筋肉がゆるみます。軟口蓋や口蓋垂(のどちんこ) が垂れたり、舌根がのどの奥に沈み込むなどして上気道を塞ぐために、気道抵抗が大きくなります。加えて体が疲れていると、疲れをとるために無意識のうちに口で呼吸し、より多くの酸素を体内に取り入れようとします。
その相乗効果で軟口蓋などが激しく振動して大いびきをかきやすくなります。またストレスによって上気道の異常な感じが起こることがあります。そうなると分泌物がたくさん出たり、粘膜の乾燥・充血などが起こつて、いびきをかきやすくなります。

お酒や睡眠薬などを飲んだとき

アルコールや薬の影響で筋の緊張低下が促進され、上気道の狭窄が起こるうえ、必要な酸素量を確保しようと口で大きく呼吸するため、いびきをかきやすくなります。飲みすぎだけでなく食べすぎもよくありません。消化器官の疲労が全身過労につながるからです。また気道の充血や弛緩が起こって、呼吸のための気道の活動がうまくコントロールできなくなり、いびきをかく原因となります。

生活スタイルとは関係しませんが、次のような場合もいびきの要因となります。

老化による場合

歳をとるにしたがって呼吸筋を含めた筋の弛緩が進み、いびきをかきやすくなります。若いころにはいびきをかかなかったのに、歳をとってからかくようになったをよく聞きますが、老化もまたいびきの原因となりうるのです。

体に異常がある場合

空気の通り道(上気道)を狭くするような構造的な異常が鼻やのどにあると、いびきをかきやすくなります。たとえばのどにアデノイドがあったり、蓄膿症( 慢性副鼻腔炎)や肥厚性鼻炎などで鼻がつまつている場合などです。
いびきの原因となる上気道の疾患には、ほかにアレルギー性鼻炎や鼻中隔攣曲症、鼻茸、腫瘍、扁桃炎、口蓋扁桃肥大、咽頭炎、喉頭炎、口腔の炎症などがあげられます。
高血圧や心臓病、糖尿病などの持病があったり、浮腫や内分泌異常などがある場合もいびきをかきやすくなります。

肥満と老化は危ない兆候を含んでいる

いびきの要因のうち、危ない兆候を含んでいるのが「肥満に起因するいびき」です。というのも、いびきをかく人で太っている人は「睡眠時無呼吸」を起こしている確率がたいへん高く、肥満は睡眠時無呼吸症候群のきわめて重要な要因と考えられるからです。また「老化に起因するいびき」も、一時的にいびきをかくケースとは違って習慣性のいびきになりやすく、やがては「睡眠時呼吸障害」や「睡眠時無呼吸」を引き起こす可能性が高いといえます。
実際、「睡眠時無呼吸症候群」にかかる率は歳をとるとともに増えることが確認されています。アメリカでの数々の調査で、65歳以上の高齢者のおよそ20% 前後が「睡眠時無呼吸」を起こしていることが報告されており、日本における調査でも、高齢者ではきわめて高頻度に 眠時呼吸障害がみられるという結果が出ています。

これは60歳を過ぎると呼吸調節系の安定性が低下することが多いためです。最後の「体になんらかの異常がある場合」ですが、こうした疾患があることが原因でいびきをかく場合は、当然ながらまずその治療を最優先に行ってください。手術が必要な場合は、手術などで障害が取り除かれると、いびきも大幅に軽減されたり、治ることが多いのです。